注目の記事 PICK UP!

日本とイギリスのクリスマスの違い

クリスマスはキリスト教のお祝いなのでイギリスではとても盛大にお祝いされます

そこで、日本とイギリスのクリスマスのお祝いの仕方がどのように違うか比べてみたら面白いかな?と思い考えてみました。

家族でお祝いするクリスマス

日本では小さなお子さんがいらっしゃる家族などではお家で過ごすと思いますが、お子さんが大きくなるにつれて、クリスマスはカップル同士がお祝いしたりしますよね?
そして、日本ではクリスマスイブの24日がとても盛り上がります。

イギリスではクリスマスは家族で過ごします
遠方に住んでいる人もこの時期に集まったりもします。
25日のクリスマスが盛大です。
朝にはプレゼントを開け、お昼前くらいからクリスマスディナーの調理を開始(丸焼きを焼くので時間がかかるため)、それまではお酒を飲んだり、何かをつまんで食べたりしてのんびり過ごします
25日の午後3時には毎年エリザベス女王のスピーチが放送されます。
それを観てクリスマスディナーがはじまるという家庭が多いかな?

クリスマスのお肉

イギリスでは伝統的なクリスマス料理は七面鳥です。
また、がちょうも食べられたりもします。
それもそれぞれ丸焼きで!

それらを準備するのにお肉屋さんではクリスマス用の注文を11月中旬くらいから受け付けています
日本では鶏肉の骨つきのモモ肉だったりしますよね?
もしくはケンタッキーをクリスマスに食べてる人もいるんではないでしょうか?

私も日本にいる時には骨つきの鶏モモ肉だったり、ケンタッキーだったりしました。

001

クリスマスケーキの仕込みは何ヶ月も前から!

日本のクリスマスケーキはスポンジケーキ、生クリーム、苺のショートケーキのホールが定番なケーキですよね?
イギリスではどっしりドライフルーツケーキにマジパン、アイシング で覆われています。
家で作る際にはフルーツケーキはクリスマスの数ヶ月前から仕込みが行われます
もちろん、お家でそんなに手間がかけられなかったりするので、市販でクリスマスケーキは売られています。

クリスマスだけの飲み物、食べ物がある!

この時期にだけ飲まれる物があります
Mulled Wineという温かい赤ワインです。
これはイギリスだけではなくて、ヨーロッパ(特にドイツ)での習慣だと思いますが、イギリスでもこの時期に飲んでいます。
赤ワインに多様なスパイスやお砂糖などが入っていて温められて、耐熱性のグラスもしくは陶器に入れて飲まれます。
日本の甘酒にも似たものがあるかもしれませんね。
寒い時期に温かい飲み物を飲んで体の中から温まる事ができます。
沸騰はさせてない飲み物なので、アルコール分がまだあるのでもちろん大人だけの飲み物です。

食べ物で言えばミンスパイ(ドライフルーツたっぷり入ったクッキー生地のお菓子)、クリスマスプディング(こちらもドライフルーツたっぷり入って蒸して調理されて、仕上げにアルコールをかけて火を灯して食卓に持って来て食べられるクリスマスデザート)などもあります

002

The following two tabs change content below.
ページ:

1

2

関連記事

  1. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 20

  2. イギリスに来たらやっぱり本場のアフタヌーンティーを楽しみたい!その3

  3. チップはどこまで必要か?

  4. イギリスでパブに行く前に知っておきたい5つのこと

  5. イギリスで聞いた「くまのプーさん」誕生秘話

  6. テレビ受信料、支払いは義務?(その1)

  7. 地方都市で見つけたイギリス人の意外な素顔

  8. おいしい英国レシピ No.46 Lemon curd

  9. イギリスの夏の定番!ビーチに行こう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

PAGE TOP