イギリスの学校に進学しよう!知っておきたい出願のHow to 1

初めまして。
ライターのおつみんと申します。

実は私はこの9月からイギリスノーフォーク州、ノリッジにある大学院に進学します。
ロンドンから電車で北東に2時間くらいの距離にある小さな町の大学です。
海外の学校に進学するというとすごい挑戦のように感じますが、情報を集めてきちんと準備しさえすれば、合格を手にするのは難しいことではありません

ということで、今日はイギリスの学校へ進学したい!という方のための基本情報—その1−をお伝えします。

学校の情報をwebで集める

私が参考にしたのは、「prospects.ac.uk」というサイトです。
自分の興味のある学問分野や国、地域にチェックを入れて検索すると莫大な数の学校の中から該当するコースを表示してくれます
コースの概要や何を学べるのか、身につくスキルなども詳細に載っているのでとても便利なサイトだと思います。
そこから各学校のホームページに飛んでさらに詳しい情報を集めていきましょう。

学校の情報を留学エージェントから集める

他には、日本にある留学エージェントに相談にいくという手段があります。
私もとあるエージェントでカウンセリングをしてもらいました。
エージェントに行くメリットとしては、カウンセラーの方が自分に合った学校をピックアップして紹介してくれることと、エージェントとの提携校であればその場で学校のパンフレットなどがもらえるところです
さらに出張でその学校に視察に行かれている場合が多いので、学校の雰囲気なども教えてくれます。

出願は無料!併願もOK

集めた情報を吟味して、出願先を決めましょう。
イギリスの学校の場合は出願料がかかりません
各大学のサイトから出願用のアカウントを作成し、オンラインで手続きを進めていきます。
日本での受験のように専願、併願などの区別はなく、みんな合格率を上げるため大抵3〜4校に出願し、合格が揃ってから進学先を決めます

出願の受付はコース開始の1年前から

出願の時期ですが、おおむねコースが始まる1年前から受付が始まります
つまり前年の9月頃ですね。
しかし1コースあたりの制限人数が決まっていて、出願の早い人から審査され、満員になったコースから受付が終了するシステムなので、うかうかしていられません
といっても2月までに出願すれば合格をもらえる確率は高いみたいです
私は心配性だったので早く準備をするために4月頃から情報収集を始めて7月頃には出願校を絞っていました。

学校が決まれば次は出願に必要な書類集めです。
こちらについては次の記事でお話ししたいと思います。
お楽しみに!



The following two tabs change content below.

関連記事

  1. recipebox

    マンネリ献立を解消!レシピボックスのサイトをイギリス在住主婦がご紹介!

  2. 12時間待ちの緊急救命室

  3. イギリスの住宅物件事情

  4. イギリスの小学校新学期準備

  5. イギリス国内から国際線に乗る際に気をつけるべきポイント

  6. イギリスの古城で結婚式を挙げる方法 その1

  7. コラボシリーズ第二弾「ロザリー×アサヒトラベルインターナショナル」 学校の研修旅行担当になったときに…

  8. イギリスで見つかる和食なもの

  9. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 18 はじめてのお泊り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

  1. jacobsmithpark
  2. uk-supermarket
  3. uk-bicycle-london-outside-summary
  4. uk-bbc-simonhughes
PAGE TOP