おいしい英国レシピ No.52 Porter Cake

すっかり夏本番になりましたね。
蒸し暑い日本の夏にはやはり、キンキンに冷やしたビールが仕事後のサラリーマンを癒やしていることでしょう。
ビールは日本のみならず、世界各国で愛されており、それぞれの国のメーカーが様々な種類のビールを製造しています。

見た目はどれも同じように見えるビールですが、醸造の仕方で違いがあり、上面発酵ビール、下面発酵ビール、自然発酵ビールの3種類に分類されるようです。
上面発酵ビールは、20度前後で発酵させ、その途中で酵母が浮き上がる。
下面発酵ビールは、5度で発酵させ、発酵した後には酵母が沈む。
自然発酵ビールは、20度前後で酵母を使わず、空気中の微生物により自然発酵させること。(※1)
これらの違いにより、いろんな味わいができるようです。

ということで、今回は黒ビールを使ったPorter cakeの紹介です。
ポーターというと、荷物を運ぶ人というイメージがありますが、その通り。
その人達が好んで飲んでいたビールであることからポーターという名前が付けられたそうです。

そのポーターは、1722年にロンドンで作られ急速に広まりました。
濃厚でホップの苦みの強い濃厚ビールで、上面発酵に分類されるようです。
このポーターは19世紀中頃に出てきたスタウトにより下火になってしまいました。
スタウトとは、ポーターの製法で原料の一部に砂糖が使われ、濃厚で苦みの強いビールのことで、その中でもギネスが有名ですね。(※2)

このような黒ビールを入れて1800年代に作られたのがポーターケーキです。
ポータービールを使ったことから、もしかしたらポーターの方々の大好物のケーキだったかもしれません。
ビールの国ならではのケーキですね。
ビールの苦みは、たくさんのドライフルーツの甘みでまろやかになり、焼き上がりは、ほんのりと黒ビールの香りが漂います。
黒ビールを使っているため、ケーキが濃い茶色になるのが特徴です。
焼き上がり後冷ましたら、型から外してラップでよく包み、冷蔵庫で5~6日寝かせると味がなじんできて美味しく頂けます。

※1 http://www.geocities.co.jp/Foodpia-Olive/6919/bcategory.html
※2 http://www.brewers.or.jp/tips/type.html

(材料)18㎝の型
125g バター(食塩不使用)*常温に戻しやわらかくしておく
225g 全粒粉
8g ベーキングパウダー
125g ブラウンシュガー
2tsp ミックススパイス
1個 レモンの皮
150ml 黒ビール
2個 卵
350g ミックスドライフルーツ

※あらかじめ全粒粉とベーキングパウダーをよく混ぜてふるっておく

1.オーブンを170度に予熱し、型にベーキングシートを敷いておく

2.バター、全粒粉(ベーキングパウダーと混ぜてふるったもの)、ブラウンシュガー、ミックススパイス、レモンの皮、黒ビール、卵2個を大きなボールに入れて、ハンドミキサーで2~3分かき混ぜる

3.ドライフルーツを入れて、全体に行きわたるようにざっくり混ぜる

4.型に流し、170度に予熱したオーブンで約1時間半焼く*竹串をさして何もついてこなければOK

5.型にいれたまま、冷ます

※冷めたら方から外し、ラップ、アルミホイルでよく包み、冷蔵庫に入れて約1週間熟成させる

【Kanako公式HP】

Food culture and society

※現在新HPへ移行中のため、上記リンクは繋がりません。
筆者kanako様のプロフィールとお問い合わせは下記リンクのページをご利用ください。


ロザリーのTOPページへ戻る

関連記事

  1. 欧州歌の祭典 ユーロビジョンソングコンテスト

  2. What Britain bought in 2017

    イギリスの年間トレンドは年末のTV番組で!「What Britain bought in 2017」…

  3. おいしい英国レシピ No.38 Mince Pies

  4. イギリスの小学校新学期準備

  5. ピーターラビットプレゼントキャンペーン ~湖水地方世界遺産登録決定記念~

  6. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 18 はじめてのお泊り

  7. ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリーの画像

    ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー所蔵 『KING&QUEEN 展 ー 名画で読み解く 英…

  8. uk-souvenir

    イギリスで喜ばれるお土産とは?

  9. ジョージエズラのライブ

    Youtube発のイギリスミュージシャン「ジョージ・エズラ」に幅広い世代のファンがいる理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP