イギリスで日本のお酒ブームも

イギリスの日本のお酒ブーム

以前の記事でもご紹介したとおり日本の物がスーパーで売られるようになって来ている現在のイギリスですが、お酒も例外ではありません。
最初は日本酒から。
お酒コーナーに日本酒も売ってるなーと気づいたのが10年くらい前から。
そしてビールもキリンやアサヒが普通に売られるようになってて、今では普通に日本のラガービールとして浸透しているくらいです。
そしてここ近年にはウィスキーも入っています。

スコッチウィスキーの隣に日本のウィスキーも仲間入り!?

日本の朝ドラで数年前にニッカウィスキーの創業者のお話がありましたよね?
国際結婚をしている私もとても興味深い内容で、今では飛行機でも遠いなと思う日本にあの当時にスコットランド人が遠い異国(飛行機もない時代!)に日本へお嫁に来るというのは壮絶な思いだっただろうと思います。

さて、スコットランドから作り方を学び日本で作られるようになったウィスキーは実はじわじわとイギリスで浸透してきているのです。
もちろん本場スコットランドのウィスキーやアイルランドのウィスキーとかが有名で普通にスーパーで売られていますが、その中に日本のウィスキーも参入してきているのです。
また、ウィスキー好きには日本のウィスキーファンがいるほどだそうです。

スーパーで買えるウィスキーはやはりサントリーが多いですが、最近ではオンラインでお酒が買えるようになっていて、ニッカウィスキーなども色々手に入るそうです。

こだわり派には日本人も知らないお酒も!

また、大のお酒好きやこだわりの方は日本のご当地ジンなども手に入れたりしてるようです!!
たまたま、仕事でレストランへ食事に連れて行ってもらった機会があって、レストランのオーナーがそのこだわり派の方みたいで、こんなジンあるけど知ってる?と自宅から持って来てくれたのです。

それは京都のクラフトジンで、そんなの見たことがない!!って調べたら2016年からのだそうです。

また、甲州ワインもじわじわと少しだけ入ってきています。
今のところM&Sで甲州ワインは見かけます。

日本のものがこちらに導入されてきてるのって日本人として嬉しいですね。
ただ、お値段はやはり日本から輸入されているものなので、日本で買うよりも高いのが難点です。

関連記事

  1. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 3 イギリスデートと言葉の…

  2. おいしい英国レシピ No.46 Lemon curd

  3. おいしい英国レシピ No.53 Fig Sly Cakes(フィグスライケーキ)

  4. ロンドンでのバスの乗り方

  5. イギリスの小学校新学期準備

  6. おいしい英国レシピ No.26 Tonbridge Biscuits

  7. イギリス全国ダーツの旅(仮)第1回 ウナギと大聖堂の小さな町・Ely(イーリー)

  8. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 16 イギリスはキノコ天国…

  9. おいしい英国レシピ No.38 Mince Pies

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP