ウォータールーからロイヤルオペラハウスまで歩く

 

 

 

 

5月 28, 2017

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

5月終わりのバンクホリデー、イギリスの休日が月曜日なので今週末は3連休。
土曜日は夜オペラで久々にロンドンに行きました。

いつもはウォータールーに鉄道で着いたら地下鉄に乗るのですが、2駅だし、歩くことにしました。
ウォータールー橋を渡れば15分くらいだと思うのよね。

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

駅を出たところで丸い IMAX シアターをぐるぐる、ちょっと迷い。。。
バカみたいでしたが、なんとか、橋を見つけ、テムズを渡ると両側はいい眺め。

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

右手はセントポール寺院、ザ・シャードのビルが見え、
左にはロンドンアイ、ビッグベン、ミレニアムブリッジが望めます。
こう見ると平和だよなあ、ロンドンも。

建物の説明のサインもある。

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

右手にサマセットハウスが見えたので、中に入って見ました。
恒例夏の噴水を見てみよっと。
川沿いのマルキーのバーが人でいっぱい。
イベントやってるのかな?

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

中庭に出ると、やはり噴水が。
子供が水着で、出てくる水と遊んでました。

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

ライオンキングをやっている、リセウムシアターを通り過ぎたらもうコベントガーデン。
ロイヤルハウスのビルの角、ショップがある上にこんなものを発見。
今まで気がつかなかったけど、いつできたんだろ。

踊り子が踊ってるんですよ。
ボール(?)の中で。

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

マンチェスターのテロの後なので、ロイヤルオペラハウスからは、大きな荷物は持たないように、とのお達し。
いつも入り口でチケットを見せて荷物検査があるのですが、入念に検査してます。

コベントカーデンのピアッツアに
花のブランコが?

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

オペラハウスからレスタースクエアに行く途中、往年のバレリーナ、マーゴ・フォンテーンの住んでたフラットのブループラークを発見。
これも知らなかったわ。
職場まで歩いて2分(誰かみたい?)のところに住んでたのね。

帰りも歩いて、橋を渡り今度は夜景を堪能して駅に着きました。

ロンドンアイの紫のリング

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

反対側岸のライトアップです。

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

※上記記事は、ブログ「ロンドンきまぐれ便り」から、くぼみずほ様のご許可を得て、転載いたしました。
記事名:512 ウォータールーからロイヤルオペラハウスまで歩く
記事URL:http://londonkimagure.blogspot.jp/2017/05/512.html

関連記事

  1. GalvinAtWindows

    ロンドンでランチ① 〜景色が素晴らしいホテルでお得にフレンチ〜

  2. あるEU離脱派の声

  3. ClintEastwood

    日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 37話 私たちの結婚式 そ…

  4. もしもロンドン各所を東京で置き換えてみたら

  5. ドラキュラが来襲した町・Whitby

  6. jacobsmithpark

    イギリスの大自然が味わえる公園 東京ドーム3個分の広さ ジェイコブ・スミスパーク(Jacob Smi…

  7. おいしい英国レシピ No.35 Florentine

  8. コラボシリーズ第二弾「ロザリー×アサヒトラベルインターナショナル」 学校の研修旅行担当になったときに…

  9. 日曜日に食べられるイギリスご飯

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP