ウォータールーからロイヤルオペラハウスまで歩く

 

 

 

 

5月 28, 2017

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

5月終わりのバンクホリデー、イギリスの休日が月曜日なので今週末は3連休。
土曜日は夜オペラで久々にロンドンに行きました。

いつもはウォータールーに鉄道で着いたら地下鉄に乗るのですが、2駅だし、歩くことにしました。
ウォータールー橋を渡れば15分くらいだと思うのよね。

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

駅を出たところで丸い IMAX シアターをぐるぐる、ちょっと迷い。。。
バカみたいでしたが、なんとか、橋を見つけ、テムズを渡ると両側はいい眺め。

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

右手はセントポール寺院、ザ・シャードのビルが見え、
左にはロンドンアイ、ビッグベン、ミレニアムブリッジが望めます。
こう見ると平和だよなあ、ロンドンも。

建物の説明のサインもある。

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

右手にサマセットハウスが見えたので、中に入って見ました。
恒例夏の噴水を見てみよっと。
川沿いのマルキーのバーが人でいっぱい。
イベントやってるのかな?

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

中庭に出ると、やはり噴水が。
子供が水着で、出てくる水と遊んでました。

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

ライオンキングをやっている、リセウムシアターを通り過ぎたらもうコベントガーデン。
ロイヤルハウスのビルの角、ショップがある上にこんなものを発見。
今まで気がつかなかったけど、いつできたんだろ。

踊り子が踊ってるんですよ。
ボール(?)の中で。

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

マンチェスターのテロの後なので、ロイヤルオペラハウスからは、大きな荷物は持たないように、とのお達し。
いつも入り口でチケットを見せて荷物検査があるのですが、入念に検査してます。

コベントカーデンのピアッツアに
花のブランコが?

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

オペラハウスからレスタースクエアに行く途中、往年のバレリーナ、マーゴ・フォンテーンの住んでたフラットのブループラークを発見。
これも知らなかったわ。
職場まで歩いて2分(誰かみたい?)のところに住んでたのね。

帰りも歩いて、橋を渡り今度は夜景を堪能して駅に着きました。

ロンドンアイの紫のリング

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

反対側岸のライトアップです。

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

 

© Mizuho Kubo , All rights reserved…May, 2017

※上記記事は、ブログ「ロンドンきまぐれ便り」から、くぼみずほ様のご許可を得て、転載いたしました。
記事名:512 ウォータールーからロイヤルオペラハウスまで歩く
記事URL:http://londonkimagure.blogspot.jp/2017/05/512.html

関連記事

  1. ハリー・ポッター・スタジオ(その3) ツアーに頼らない!個人で行く場合の注意点

  2. ママレードケーキ

    おいしい英国レシピ Vol.6 Marmalade Cake(マーマレード ケーキ)

  3. イギリスの学校に進学しよう!知っておきたい出願のHow To3

  4. ノーベル文学賞受賞記念 カズオ・イシグロ原作 『日の名残り』特別上映 Bunkamuraル・シネマに…

  5. ClintEastwood

    日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 37話 私たちの結婚式 そ…

  6. 「わからない」といえない日本人がトラブルを生む

  7. 蒸気機関車に乗ってきました。

  8. 自然と建物を大切にするイギリス

  9. ハリー・ポッター・スタジオ(その2) ツアーに頼らない!個人での入場予約方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP