男性へのプレゼントにおすすめ!イギリスのクラフトビールクラブ「BEER 52」の通販を使ってみた!

craftbeer-beer52

今月からウチの夫がビールのボックス買いを始めました。

ハロゲートでの暮らしがつづられている
著者ブログ「メディのイギリス暮らし」はこちら!
<https://ameblo.jp/rose-and-iris/>

といっても、その辺りのスーパーで売られているようなビールとは全く違います。
ビールオタクとでもいうのでしょうか?
ビールが好きな人の為のビールの会員制クラブみたいな感じで、
世界中のビールを毎月10本ずつ、お家に配達してくれるシステムなんです。

ビールが好きな男性を魅了する通販サービスの説明

craftbeer-beer52

BEER 52 <https://www.beer52.com>

公式ツイッター

定期購買は毎月8本10本と選べます。
おまけに、ビールオタクには嬉しいビール情報誌おつまみがついてきます

8本の場合のお値段は月々24ポンド
※4月2日のレートで、¥3584円

10本の場合は月々29ポンドです。
※4月2日のレートで、¥4331円

ビールは毎月違う国のビールが届くようで、その都度ポイントが貯まるそうです。
ポイントはショップ(ログインの必要あり)で購入する事ができるそうです。

いろんな国のビールを夫婦で飲み比べしてみた!

早速、我が家に届きました。
箱は10本入っているので重たいです。
中には情報誌とスナックのポップコーンが入っていました。craftbeer-beer52

craftbeer-beer52

今回のビールの情報では、ビールの原料であるホップに関して、同じ種類のモノを使っていても、
国によって、土や水が違うから出来上がるビールの味が全く違うものになるんだそうです。
箱もポップな感じですが、ビールのラベルがまたそれぞれ個性があって面白いなと思いました。

craftbeer-present
そして、その「同じホップでも違う国で作られたビール」を試飲してみました。
(というか、夫と飲んでみました。)

craftbeer-present

一つはアメリカ産。そしてもう一つはヨーロッパ産
味の好みは人それぞれなので、夫はアメリカ産を好み、私はヨーロッパ産の方が好みでした。

でも、私はビール派ではないので、そんなに量は飲めないし、味も普通のラガーなら好きなのですが、癖があるビールはちょっと苦手です。
ビール派の夫は喜んで飲んでいました。

もちろん、イギリスのビールもあったりします。
味を比べながらビールの知識も学べて、面白くビールが飲めるシステムだなと思いました。
今月のビールのラインナップには、日本産はなかったけれど、もし日本産のビールが来るのならどんなビールが来るのか、今から楽しみです。

プレゼントサービスも!

また、プレゼントとしてビールの箱を1つだけ購入する事も可能だそうですし、e-mailで商品券と一緒に送る事もできるようだし、定期購買のプレゼントもできるようです。

男の人のプレゼント選びって難しいし、年々歳を重ねるとなんでも持っているので何をあげたらいいのかわからなかったりします。
でも、これらのビールはスーパーでは買えないし、ビールの情報誌もあったりと面白いプレゼントになるなと思いました。


→ビールの宅配を頼むなら、レシピの宅配も一緒に!

recipebox

→イギリスで化粧品選びにお悩みの方におすすめのコスメ「TROPIC」

tropic

→ロザリーのTOPページへ戻る

The following two tabs change content below.
メディ
ブログ「メディのイギリス暮らし」は2005年からはじまりました。 

主な登場人物は

メディ:料理、インテリアが大好き。最近は美容にも力を入れてて、ビーガンコスメを愛用中。

ダン:和食大好きイギリス人。自他共に認めるゲームオタク。最近マーシャルアーツ(武道)をはじめました。

ハナ:ゲーム、コスメ、YouTube大好き。ユナとデュオでYouTubeチャンネルも実はやってます。(まだ3個しかアップされてませんが)

ユナ:ユニコーン、ハローキティーとマインクラフトが大好き。

テディー:ブチャイク顔なおじいちゃん犬。20018年1月現在、15歳。

クマ:ギニピッグ(日本語ではモルモット)ハナのペットで、推定6歳。こちらもおじいちゃんです。

家族4人と2匹で仲良く北ヨークシャー州にあるハロゲートという町で暮らしています。
ホームステイで、語学学校生も受け入れしています。

関連記事

  1. 歯の妖精、トゥースフェアリー

  2. イギリスの公立中学校・高校(セカンダリースクール)について

  3. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 8 イギリスの甘い歯

  4. イギリスに来たらやっぱり本場のアフタヌーンティーを楽しみたい!その1

  5. uk-supermarket

    イギリスのスーパーマーケットの階級事情が変わるかも!? 【2018年4月の最新情報】

  6. 自分でミュージカルを観に行く方法

  7. イギリスのソーセージ

  8. ロンドンで子供と一緒に行ける場所まとめ

  9. 子供の長期休暇の過ごし方 イギリス編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. イギリスの結婚式のイメージ
  2. イギリスの結婚式でのフラワーガール
  3. 松岡享子へインタビュー
  4. 映画ピーターラビットのパンフレット
  5. パディントン展の内部
PAGE TOP