超実践 オイスターカードの使い方

oyster

オイスターカードは、ロンドンの地下鉄やバス、一部の国鉄でも利用が可能な「イギリス版Suica」です。
現在は、バスの利用が現金でできなくなっているため、オイスターカードは必ず購入しましょう

今回は、オイスターカードの購入方法から気をつけるべきポイントまで、超実践でお送ります。

オイスターカードの購入方法

1.英国政府観光庁オンラインショップで購入する
英国政府観光庁のオンラインショップでは、ビジター用に安いデポジット(£5→£3)で購入できるオイスターカードを扱っています。
サイトは日本語対応なので、英語力に自信がない人でも安心です。
日本の自宅に届けてくれるので、出発前に受け取れ、ロンドンに着いたら即利用可能でとても便利ですね。

2.現地で購入する
オイスターカードは、駅の窓口や自動券売機、ツーリストインフォメーション等で購入可能です。
まず目につくのは駅の窓口や自動券売機ですが、自動券売機はどこにでも必ずあるわけではないので、窓口で「オイスターカードプリーズ」と言っても購入できます。

払い戻しをしたいときは?

窓口で払い戻しをしたい旨伝えれば、デポジット分も含めて払い戻してくれます。
ただし、ビジター・オイスターカードは通常のオイスターカードと違い、デポジットは払い戻しできません

どこで使えるの?

基本的には、ロンドン交通局が運営している交通機関+αなのですが、ロンドンにある公共交通機関はほぼ使えると思って大丈夫です。

利用時に注意すべきポイント

1.切符を入れる口に差し込まないこと
実はオイスターカード、切符の差し込み口のサイズとほぼ同じであるため、うっかり差し込んでしまうと抜けなくなります
そうなったら、駅員さんを呼んで対応してもらいましょう。

2.中のチャージ分がブロックされることがある
たまに駅の出入り口でのタッチが認識されないことがあり、カードに十分な残高があるのに利用できない、ということがありますが、これは出入りのどちらかの記録が認識されないと、不正と判断しブロックがかかるような設定になっているからです。
お金が残っているはずなのに使えない?と思ったら、駅員さんに確認してもらい、ブロックを解除してもらいましょう。

日本では、SuicaをはじめとしたICカードが広く利用されているので、手に入れてしまえばほとんど抵抗なく使えることと思います。

みなさんもオイスターカードで、快適なロンドンの旅をお楽しみください!



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 窓もどき!天下の悪法、窓税が作り出したへんてこりんな建物の数々 バース 10

  2. ロンドンの小学校事情まとめ(その2) 小学校の私立・公立の違い

  3. イギリスのクリスマスのインテリア

    カントリーリビング・クリスマスフェアでクリスマスを素敵にするインテリアグッズを買おう!

  4. イギリスの夏の定番!ビーチに行こう

  5. animalrescuecentre

    大切な家族と出会える!イギリスのレスキューセンター体験談

  6. あなたが知らない英国留学の意外なメリット

  7. uk-bbc-simonhughes

    イギリス国営放送「BBC」の受信料徴収員がきて、180ポンドを請求された件について

  8. EU離脱後、イギリスの食はどう変わる!?

  9. イギリスのお肉(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP