ハリー・ポッター・スタジオ(その1) ハリポタの魅力再発見

ファンなら行っておきたい、ハリポタの聖地!

誰もが知っている、イギリスを代表する世界中の人気シリーズ、ハリー・ポッター
その世界をまるごと味わえる場所が、ロンドンの「メイキング・オブ・ハリー・ポッター」です。
このイースター休暇に家族で出掛けたときの様子を、皆さんにお伝えしていきたいと思います。

【関連記事:ロンドンで子供と一緒に行ける場所まとめ

そもそも、どんなところ?

「メイキング・オブ・ハリー・ポッター」は、USJのようなアトラクションではありません。
映画会社ワーナー・ブラザーズが、その名の通り、ハリー・ポッターの映画撮影に使用したスタジオを一般公開したものです。
映画のセットや衣装、小道具まで、ハリポタの世界をすみずみまで楽しむことができます。
以下にその魅力をまとめてみました。

映画の舞台を実際に体験できる!

スタジオ内はかなり大きく、ブリベット通りやダイアゴン横丁、ホグワーツの大広間などを実際に歩けるようになっています。
グリフィンドールの男子寮や談話室など、映画に何度も出てきた場所がそのまま目の前に!
まるで自分が登場人物になったかのようなワクワク感を味わえますよ。

細部まで作りこまれた衣装や小道具に感動!

学校内の備品や教科書、登場人物の衣装などが、スタジオ中にぎっしりと展示されています。
クィディッチの道具や杖の展示には、大勢の子供たちが群がっていました。
一人ひとり違うデザインの杖がずらっと並んだ様子は、まさに圧巻!

杖.1

憧れのあのシーンを、自分で再現!

キングスクロスの9と3/4線に入っていくトロリー。
ホグワーツ特急のコンパートメント。
「アズカバン」に出てきたホグワーツの廊下。
いくつかのセットは、自由に入って写真を撮影することもできます
中には、ローブを着てホウキにまたがり、クィディッチの合成写真を作れるようなサービスもありますよ!
こちらは有料でしたが、子供だけでなく大人にも人気で長蛇の列ができていました。

舞台裏の意外な真実が明らかに!?

入口で貸し出しているオーディオガイドは、日本語にも対応しています
それぞれの場面を解説してくれるだけでなく、特典映像や意外なウラ話も知ることができてしまう、ファンにとってはお宝情報満載な代物。
グリフィンドールの男子寮は、第1作での子役の身長に合わせて作られたため、シリーズ後半ではみんな背が伸びて入りきらなくなってしまった……なんて話を聞きながら見ると、確かにベッドが小さい
これがあれば、ツアーが2倍楽しめること請け合いです。

実際に出掛けるまでの準備編、その2に続きます。



関連記事

  1. 【3分でわかる】なぜデイビスBREXIT担当相が今辞任しなければならなかったのか

  2. おいしい英国レシピ No.12 Poppy Seed cake

  3. 「わからない」といえない日本人がトラブルを生む

  4. おいしい英国レシピ No.22 Bakewell Tart

  5. ドラキュラが来襲した町・Whitby

  6. おいしい英国レシピ No.23 English Madeleines

  7. おいしい英国レシピ No.35 Florentine

  8. 自然と建物を大切にするイギリス

  9. おいしい英国レシピ No.26 Tonbridge Biscuits

PAGE TOP