日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 41話 マルコム、とうとう新築マンションを買う

ClintEastwood

休暇の後、私たちはイギリスに戻った。
そして不自由になってしまったマルコムのために、車椅子とかシャワー椅子などを行政に頼んだ。
不慣れな私に替わって、マルコムの長男のお嫁さんが手配してくれた。
何日かして、若い女性の福祉職員が我が家を訪ねてきた。

【第1話はこちら】
【前回のお話はこちら】

日英の決定的なサービスの違い

 

彼女がいうには、

「福祉関係の予算が年々削られるので、自分も正規職員ではなく、今月末には契約切れで解雇されるの。車椅子などのことは申請しておくけど、そんなわけで、いつ届くかは約束できないわ。ないない尽くしで、どうなっちゃうのか不安よね」

とのこと。

結果的には翌週、車椅子やシャワー椅子が届いたのだが、その後も不安なことが続いた。
ロンドンに行く用事ができて、マルコムと私はタクシーを頼んで駅まで出かけた。
日本と同じ感覚で、駅でサポートを頼もうとしたが、駅員さんの誰もが相手にしてくれない。
困り果てて駅長室に直訴して、やっと1人の女性職員が、マルコムの車椅子と列車をつなぐボードを渡してくれた。

「チャリングクロスで降りるので、そっちにも駅員さんをお願いします」と伝言したが、案の定、到着した駅に係員はいなかった。
一説には、そういうサポートは「予約制」で受けられるというのだが、予約なしでいつでもサポートしてもらえる日本と比べたら、やはりサービスの悪さは否定できない。

その時は、マルコムはまだかろうじて自分の足で立つことができたため、列車を降りられたが、もし全く体が動かなくなったらどうなるのだろう、と彼が不安になってもおかしくない出来事だった。

旅立ちの決断

 

その頃、別の問題が私たちに降りかかっていた。
それは、私の「東京への異動」の辞令だった。

「東京での勤務」。
マルコムの状況を考えれば、それは不可能というものだった。
私が1人で日本に帰れば、マルコムは施設に入らなければならなくなるだろう。
そんなことはとても考えられなかった。
私は会社に事情を話し、辞令を受け入れることができないと説明したが、会社も強硬だった。

私はマルコムに相談した。
この際、日本で介護を受けてはどうだろう?

私の母が生前、日本の介護保険を使っていたので、そのレベルの高さはよくわかっていた。
車椅子だって他の介護用品だって、待たされることなく供給される。
ヘルパーさんもケアマネさんも、みんなでチームになって介護に当たってくれる。
仕事をしながらの介護なら、イギリスよりも日本の方がむしろやりやすい。

マルコムは、意外なほどあっさりとその提案を受け入れた。
夏の間日本で車椅子のサービスを受けて、その質の高さを知っていたからかもしれない。
「妻が日本に行くなら、夫の自分も行く。当たり前のことだよ」

息子たちの別れ

 

家族会議が開かれたのは、ある秋の日だった。
息子たち2人とその家族が父親であるマルコムの家に集まった。
マルコムは、体が不自由になった時点で、日本で介護を受けながら妻と暮らしたいと思っている、と静かに言った。

息子たちは驚いた様子だった。
イギリスにいて、施設で暮らせばいい、自分たちはしょっちゅう会いに行く、というのが彼らの意見だった。
日本での生活が想像できないから当然かもしれないが、私に父親を取られるような気がしたのかもしれない。
とはいえ、最後はマルコムの気持ちひとつだ。
彼らは悲しそうな様子で帰っていった。

最後に帰る場所を

 

私は10月初めから6週間、単身で日本に帰って、マルコムと住む家を探したり、会社での新しいポストの準備をしたりすることにした。
留守中は長男の家で面倒を見てもらえることになった。
いよいよイギリスを離れることになった私にマルコムがきいた。
「ねえ、あの新築のマンションを買うっていうのはダメかなあ?」
私はびっくりしてマルコムの顔をまじまじ見た。
「だって、マンションは嫌だっていってたじゃない?」
「こんな病気になったら、一戸建ては無理だから…」
「どうなるかわからないんだから、家は買わないでおくという選択もあるんじゃない?」

最後は施設や病院で、という可能性は大いにあった。
だが、マルコムは家をイギリスに持っておきたがった。
精神的にも、最後に帰れる場所が必要なのだと言った。

私は、マンションを買うことに同意した。
マルコムは驚くべき速さで住んでいる家を売り、新しいマンションを買う手続きを進めた。
何年も何年もできなかったことを、マルコムはほんのひと月でやってしまった。
病気が彼を前に進ませたのかもしれない。

私たちが住んだ、庭の広い家は、イギリス人の新婚夫婦に買ってもらった。
今でも仲良くしているお隣さんによれば、赤ちゃんが生まれたので、安全対策として池は埋め立てられたそうだ。
マルコムが丹精して育てていた金魚はどうなったのか、ちょっと気になった。

つづく

The following two tabs change content below.
Emma Rosemary Watson

Emma Rosemary Watson

2005年ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ、
Transnational Communication and Global Media修士課程終了。
以降、ロンドンにて日英コンテンツの発信を行う。
ロンドン在住中にイギリス人の夫と結婚、
イギリス流のライフスタイルのなかで暮らす。
現在、イギリス人の好むイギリスのカントリーサイドを歩くネイチャーウォークの楽しさを日本人にも知ってもらおうと活動中。

関連記事

  1. イギリスのソーセージ

  2. 自分でミュージカルを観に行く方法

  3. イギリスの女性料理研究家

  4. イギリス式ゆるい運動会

  5. 日本からイギリスに送金する方法

  6. テレビ受信料、支払いは義務?(その2)

  7. ClintEastwood

    日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 33話 マルコムと私と歩く…

  8. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 16 イギリスはキノコ天国…

  9. イギリスでの新しいお金と注意点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

  1. jacobsmithpark
  2. uk-supermarket
  3. uk-bicycle-london-outside-summary
  4. uk-bbc-simonhughes
PAGE TOP