古城がないのに塔がある イギリス歴史建築物とのどかな田園風景が楽しめる”キャッスル・ヒル”

キャッスルヒルのヴィクトリアタワー

何もない広いフィールドに突如現れる丘、そして謎の塔。

その名も”カッソル・ヒル”と呼ばれている丘です。

こんにちは。
イギリスの北ヨークシャーにあるハロゲート在住のメディです。

13年以上イギリスでの生活について書き続けている
著者ブログ「メディのイギリス暮らし」はこちら!

ホームステイの受け入れもされています。

”カッソル・ヒル”と書きましたが、イギリス英語ではCastleの発音はカッソルです。
キャとなるのはアメリカ英語で、日本人的には”キャッスル・ヒル”と発音する方がなじめるかと思います。

この丘は、ウェストヨークシャー州のハダースフィールド近くにあります。
ハダースフィールドと言われてもイギリスのどこ?と思われる方がほとんどだと思います。
ハダースフィールドはだいたいマンチェスターとリーズの真ん中くらいで、ピークディストリクト国立公園から北上したところにある市です。
ラグビーリーグの発祥の地とされてる市で、イギリスで10番目に大きい市だそうです。

そんなハダースフィールドにある“キャッスル・ヒル”
「お城の丘」ですが、お城があるのかと思いきや、塔が建てられています。
突然、ポツリと建てられている塔。
凄く何かありそうな雰囲気が漂っていますね。

なんと名前が「ヴィクトリア・タワー」
そうです、あのイギリス女王であるヴィクトリア女王の名前を冠するタワーなのです。

今回はこの不思議な景色の謎に迫ります。

ヴィクトリア女王即位60周年記念タワー

explore_the_old_castle-uk-castlehillこの不思議な塔は、1897年にヴィクトリア女王の即位60周年記念を祝うため建てられました。

記念で建てられたということは、女王にゆかりがある土地と思うところですが 、特にゆかりがあるわけではありません。

今ではエリザベス2世女王が一番長い間女王をしていますが、その当時はヴィクトリア女王がそれまでの君主よりも一番長く即位していました。
その長期間、世界中の多くの場所にヴィクトリア女王の名前を冠する島や湖、公園などが設けられました。
この塔もそういった時代背景の中で、この地に建てられました。

例えば「ヴィクトリア・パーク」という公園。
なんと世界中に約60強もの数があったりします。

城があったのに無人だったキャッスル・ヒル

explore_the_old_castle-uk-castlehill塔が建っている丘なら、「キャッスル・ヒル」という名前じゃなくて「タワーヒル」じゃないのだろうかと思う方もいるかと思いますが、ここには名前の通り、元々城がありました。
丘や山は外敵からの防衛に最適で、城が建てられる事が世界中で多くあります。
ここにもかつて、砦が建てられていました。
※砦は簡単に言うと「小さな城」の事を意味します。お城は1140年代に完成したと言われています。

丘を登って行く途中にこの丘の歴史がボードに書かれていました。
explore_the_old_castle-uk-castlehillこちらの丘自体は後期青銅器時代または早期鉄器時代からの丘陵地帯だそうです。
そして、イギリスでは人口が急速に増加した中世初期。
農地不足で肥沃でない土地でも多くの村ができたとされていますが、1200年以降には氷河期と呼ばれる時期が始まり、気候が厳しくなり作物不足などで村を放棄する形が増えて、自然に村が消滅するということがあったそうです。
こちらの集落でも1340年代くらいから放棄されてるのではないかと言われてるそうで、キャッスル・ヒルは19世紀初頭まで無人のままだったんです。

explore_the_old_castle-uk-castlehillそしてヴィクトリア時代にここに建つ塔が建設されたというわけになりますね。

村が放棄されても、かつては城があったのなら近辺も栄えていたかと思われる所ですが、こちらの周りは本当に何もないので塔以外の観光できるような場所というのはないかと思われます。

でも、地元の人は犬の散歩コースとしてこちらの丘を使っているようで、犬の散歩中の方を見かけました。
天気がいい日が多い夏場にはいい眺めで、広大なヨークシャーを一望できるだろうなと思いました。
explore_the_old_castle-uk-castlehill夏場にはピクニックなどもできそうですね。
ただし、ここでキャンプしたりバーベキューをしたりするのは禁止されています。
丘自体が古代遺跡でもあるので、そのダメージを防ぐためにです。
あとは丘で凧あげなども禁止となっています。
他の訪問者への怪我、そしてこのタワーの外観の傷などの防止のためだそうです。

タワーが開いているのは4時間!調べてからいこう!

気になるタワーの中ですが…
今回、残念ながら中には入る事が出来ませんでした。

というのも、なんとオープン時間が限られていました。
基本的にオープンは12時から4時半まで。
12月に限っては11時から3時まで。

explore_the_old_castle-uk-castlehill-openいずれにしても日中の4時間だけという短い時間ですので、お気を付けください。

学校が休みになる時期は毎日オープンしてるそうですが、他は土曜日・日曜日だけのオープンだそうです。

私たちは午前中にこの地に行ったので、開いていませんでした。
詳しくはこちらのサイトに載っているんで、オープンしているか確認してから訪れた方がいいかと思います。


自治体HPにあるタワーの開館時間案内

落ち着いた旅行を楽しみたい方にぴったり!玄人向けイギリス旅行先

ここはイギリスに初めて行く人では迷ってしまう場所だと思います。
車を使わなければいけません。
ですので、レンタカーをお勧めします。
カーナビに入力するポストコードは”HD4 6TA”で。

【イギリスでレンタカーを借りるときに注意すべきこと】

住所はCastle Hill, Hillside, Huddersfield, West Yorkshire, HD4 6TA
付近にいけば、塔が見えるので目印になります。

イギリスのカントリーロードを走りたい方、歴史好きな方、日本語でイギリスのガイドブックに載っていない場所へ行きたい方などにおすすめの場所です。
また、ハダースフィールドでは定期的にマーケットが開かれているそうです。

【マーケットの詳細が書かれたHP】

曜日と時間をチェックして行ってみてはいかがでしょうか?


→ロザリーのトップページを見る

The following two tabs change content below.
メディ
ブログ「メディのイギリス暮らし」は2005年からはじまりました。 

主な登場人物は

メディ:料理、インテリアが大好き。最近は美容にも力を入れてて、ビーガンコスメを愛用中。

ダン:和食大好きイギリス人。自他共に認めるゲームオタク。最近マーシャルアーツ(武道)をはじめました。

ハナ:ゲーム、コスメ、YouTube大好き。ユナとデュオでYouTubeチャンネルも実はやってます。(まだ3個しかアップされてませんが)

ユナ:ユニコーン、ハローキティーとマインクラフトが大好き。

家族4人で仲良く北ヨークシャー州にあるハロゲートという町で暮らしています。
ホームステイで、語学学校生も受け入れしています。

関連記事

  1. イギリスの大きな駅の利用ポイント!

  2. おいしい英国レシピ No.26 Tonbridge Biscuits

  3. 歴史を知るきっかけになるおすすめ海外ドラマ

  4. おいしい英国レシピ No.22 Bakewell Tart

  5. おいしい英国レシピ No.42 Cumberland rum Nicky

  6. イギリスの美容院と日本の美容院の違い

  7. 北ヨークシャーのマルハム・ターンの頂上

    丘の上に広がる神秘な石景色!イギリスのウォーキングコース第2弾「マルハム・ターン」体験レポート

  8. データでみるロンドン

  9. 中世にタイムスリップ? サーク島へ行こう!(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP